※※※※※※※※※※

お知らせ!!!!!

ブティック社刊
ペイントフレンド

vol35
2018・7月10日全国発売中!

「美しいはな」

アートクラフト

{花のある生活}

2018年4月3日発売
ロイヤル・ローズで参加

❤2018年❤

セミナー

イベントスケジュール
トールペイント

東京・銀座ソレイユ

日時:2018年10月26日

☆ワンストロークのバラ

次回は10月26日です。

**********

**********

**********

大倉美和

**********

**********

**********

私が猫を描くようになったわけ。

 

 

 

絵のお仕事をはじめて、25年くらいたちますが。

 

 

 

 

 

その間、トールペイントを通して、沢山の出会いがありましたが、

特に大切な忘れてはいけない出会いとは 

ペイントの{モチーフ}との出会いでした。

 

 

 

ペイントを描き始めのころ、何を描いていこうかな~と

考えていた早い時期に、

今の「アートクラフト」の前身の「四季彩ペインティング」の編集者さんから、

「大倉先生、猫をえがいてください。」とオファーがありました。

 

 

 

 

その時の正直な私の感想は

「う~~~~ん、困ったぞ~。動物かあ、、、。にがてだな~。」

でした。何しろ動物とは縁がなく。近づくことさえ苦手だったのです。
編集者さんは、私が世界のトールペイントコンテストで

ウサギを描いたので、

てっきり私は動物ペインターだと たぶん、思われたのでしょう。

頼まれたからには、全力で取り組まなければと、

たぶん、しくはくして描き上げました。
(あまりよくは覚えておりませんが)

 

 

その後は、自然と猫を描く回数が増え、

実はしぶしぶ描いていた私も
いつの間にか、動物アレルギーはなくなり、

楽しく描けるようになりました

 

が、そうなるまでは、たぶん、数年かかったように思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなこんなで 猫ちゃんを沢山描かせていただきました。

 

その後、思いがけずにネコに続き、犬を飼うことになり、

動物の可愛さに目覚めた私です。

 

 

 

描いても癒され、眺めても癒される動物は、永遠のアイドルですね~。

 

 

 

特に思い出深いのが、下の作品で。

 

熊本地震の直後に締め切りを迎え、出版していただいたときは

熊本は大変な状況で、

本当に「星に願いを込めて。」のタイトルには、

復興の願いを込めて描いたことが思い出されます。

 

 

 

 

 

 

 

私は得意なものがなにと、決まっていないので、きっと、周囲の方の
求めにしたがって描くのが 合っているような気がします。

 

 

「求めにしたがって描く。」

 

 

自分でも、それが気に入っています。