※※※※※※※※※※

アートクラフト

{花のある生活}

2018年4月3日発売
ロイヤル・ローズで参加

❤2018年❤

セミナー

イベントスケジュール
トールペイント

第8回JDPAコンベンション参加予定

トールペイントの祭典に初出店いたします。

東京・銀座ソレイユ

日時:3月24日

☆「ハピネスキャット」
❤終了いたいました。

お知らせ!!!!!

ブティック社刊
ペイントフレンドvol33
1月10日全国発売中!

「美しいバラ」

**********

ペイントフレンドvol30

❤バラに魅せられて

❤端午の節句を描きましょう

**********

**********

大倉美和

**********

**********

**********

2018・スタジオMIWAの行方

 

 

ついに 新しい年が始まり10日が立ちましたが、毎日寒いですね~。

皆様いかがお過ごしでしょうか?

 

九州熊本地方も、今日は夕方から霰が降り出し、明日はどうやら雪が積もりそうです。

 

 

今年は幕開けから、スタジオMIWAの業務も(大げさかしら?いつになくあわただしく始まりました。

 

タイトルの「行方」の文字は
新たなことにチャレンジして、大きく良い方向へ伸びてゆきたい!

という私の願望が少々、表れておりますが、、、。
変革しないまでも、今年も色々なチャレンジを考えております。


既にいくつかは、去年のうちに進行していて、過去、現在、未来が混とんとした良い感じになってきております。

いつのころからか、

未来というものは自分の前に続いているものではなくて、

過去、今、現在の区別はなく、

あるのは点としての 今の連続で

それが繋がったものを未来あるいは過去という。

(なんだかMIWA氏は頭がヘンになったんではないかと思われる方もいらっしゃるでしょうが、私独自の言い表し方とお許し下さい。)

そういった感覚を、実際 実感できている今日この頃が

本当にうれしいです。

話はそれましたが、、。
昨年からの足かけの仕事は、本当に記念に残る作品となりました。
ひとつひとつの作品すべてに、別々の思い出がありますが

この作品には、かなり衝撃的な思いが注入されております(笑)。
というのも、昨年末、プライベート旅行で行ったフランスへの思いを反映
した作品になったからです。

 

 

 

ちょこっと部分だけですが、名ずけて「ロイヤル・ローズ」

 

ランスは、職業柄 もっと早く行くべきところだったのですが、


「美味しいものは後で~」の精神が働いてしまい。去年になりました。
春のツアーはベルサイユが入っていなかったので見送り、
ベルサイユは何が何でも見たくて行ってきました。

 

幼いころから、ヨーロッパの石畳文化に憧れ、

お城と中世の人が出てくる物語が大好きで、

ふつうは王子様とお姫様登場に惹かれるところを、

物語の中の、お城とはどんなところだろう?

というお城への興味と「パンと葡萄酒を持って出かける」

というのにやけに惹かれたのを覚えています。

 

 

 

こちらは シャンボワール城

ロワール渓谷に数多くたてられたお城の一つ
フランソワ1世のためのお城です。

中の内装のタペストリーが素晴らしかったです。

時間があったら、もっとお城を見たかった~。

 

とにかく、人の作ったものが大好物な私。

建物、絵画、器、家具調度品

でも 博物館級のタペストリーに一瞥もしない人もいるので

好みも色々だと痛感。

タペストリーなどは、古すぎて繊維が端などぼろぼろ、

移動などもってのほか
やはり、ここへ来ないと見られないのね~と感慨がわきました。

 

 

そして、絶対はずせないルーブル美術館。

 

たかだか、6日の日程の中の ルーブル鑑賞。

駆け足で回って、目が充血するほどでしたが
また必ずや、来ることを 心に誓いました。

 

 

 

 

モンサンミシェルにももちろん行きましたが、

この環境にこの建物はやはり、
時代的に言うと、修道院の権威と権力そして御威光や何やかにやの象徴で当時は畏れ多くも、海中にそびえ立っていたんだんだろうな~。

と言う感想を持ちました。

幾多のドラマや、その中には血生臭い話などもきっと合ったんでしょうね~。

 

ということで、写真は省いて

本当に、心から行きたかった。
ベルサイユ宮殿。

マリーアントワネットの住居は改装中で立ち寄れませんでしたが、主だったところは見られました。

 

 

 

 

 

ルイ14世が創り拡大した、ベルサイユ宮殿。

なんでこんなに壮大なきらびやかな宮殿を創ったんだろうか?

と歴史を紐解くと、

当時の国民に対しての王家の御威光の見せ所というか
いわばアトラクション的な役目を果たしていたみたいですね。
太陽王ルイ14世会ってみたかったな~。

と現代の私にも思わせるあたり

にくい人ではありますね。

 

そして、
宮殿の中に王妃の首飾りの、現代アートがあるあたりが
フランス的で大好きだな~と思いました。

 

 

 

 

最後は旅行記になっちゃいましたが。

駆け足でもフランスを見た。
ということで、また一つ解かったかな~って感じです。
歴史的な自信とゴールドの文化。

シャネルを普段着で着こなしてフツーに町を歩くマダム。

 

やはり、百聞は一見にしかず。

 

 

 

スタジオMIWAの手創り徒然・ホライズン

 

イベントがいくつも控えているせいか、心中なんだかそわそわ、

 

そのせいか、大きな失敗。

 

お仕事の失敗もへこむけれど、対人関係の失敗はもっとへこみます。

 

あわてものの私の、完全なる失敗と自分で理解しているだけ良いのか

 

も、、、、。開き直り?

 

 

 

すぐに謝罪しました。でも、相手の受け取り方は自分の思うようにはいか

 

なもなのなので、誠意をもってして、

 

なるようにならないものは仕方がない。と最近は

 

思うようにもなりました。

へこんでいた私の心をいやしてくれたのも、昨日の洋裁教室の生徒さん方

 

の笑顔と英会話教室のミショナリ―さんたちの優しさ。

 

そして、ダンス教室の先生の明るさや皆との笑顔。

 

 

 

やはり、人は一人では生きていけないのは事実だし、

 

人との関係で疲れることも事実。

 

でもトールペイントの長く通っていただいている生徒さん曰く

 

「人は人の中で幸せを感じられる事が出来る生き物」

 

良い言葉だな~~~。

 

 

 

そんなこんなで、少しメローな私。

 

今日はイベントに向け美容室へ、そこで見た女性誌の新刊本紹介に、

 

今の私の心境にとってもグッとくる、

一文が目に留まりました。

 

小島慶子「ホライズン」・・・・・幸福な出会いを重ね悔いのない別れが出来るのなら、生きることはどれほどたやすいだろう。

 

http://books.bunshun.jp/ud/book/num/9784163906348

 

 

 

自分自身も他人も、この世の全ては流動的。

 

一つとしてとどまるものはない。

 

だから、気持ちも未来も流動的なものと捉えると

気持ちがふっと軽くなり、思い悩んでいたことも、些細なことのように思

 

えてくるから不思議です。

 

小島さんって、コメンテーターのあの小島慶子さん。

 

作家さんでもあったんですね~。海外生活が長いみたい。

 

読んでみたいですね~。

 

 

たとえば、今、とても大変な状況であったとしても、永遠には続かない。

 

きっと、明日はよくなる、はたまた状況は変わる。

 

それは、単なる慰めではなくって、それは真実なのでは、、、。

 

と思える今日この頃です。

MIWAの手創り徒然・アートの秋に思う事。

10月に入ったというのに、熊本地方は夏に逆戻りかという暑さですが。

皆様は、秋をどのように過ごされますか?

 

食欲・文化・アート・観光・イベントの秋。○○の秋が一杯です。

色んなイベントの勧誘が巷に流れ、あれもこれもと参加したくなってしま

 

います。

 

単純に参加する側なら、楽しくってよいのですが、

 

イベントを主催または出展そして出場など、主催者側はちょっと

 

大変でもある秋、

 

でもなんでも楽なことは単純に過ぎ去っていきますね~。


大変なことほど、自分自身が成長したり、

 

何かを学んだりする場面だと思って、

 

ここは頑張らねばと思う今日この頃です。

 

さてさて、

 

トールペイントに関しましては季節先取り、

 

暑い夏に描いた作品が

 

ペイントフレンドvol32に掲載になりました。

 

素材はサンケイさんのニュー商品

 

描きやすく、楽しかったです。

 

 

詳しくはペイントフレンドvol32を見てくださいね!

 

いつもながら、素晴らしい作品の数々。

 

熱いぺインターさんたちの熱意を感じます。

 

 

 

個人的なセミナーの予定は

 

 

❤「おやすみ」・・・※アクリルで描くリアルタッチの猫&ベビー

          11月24日10:30~15:30(1日セミナー)

          銀座ソレイユhttps://www.sun-k.co.jp/

❤「ラブリー子猫のきんちゃく」

          ※布に子猫をペイント、素材はスペシャル素材

          11月25日10:30~12:30

          三鷹ジュリアンhttp://www.julien.co.jp/

        

 

 

上記作品・・・・・・「おやすみ」

上記作品・・・・・・・「ラブリー子猫のきんちゃく」

 

 

 

 

 

 

東京の11月。イルミネーションも美しく

 

美術館めぐりも楽しみな季節です。

 

どうぞ、よろしくお願いいたします。